そふぃすてぃふぉれすと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【感想】相棒season15 第16話『ギフト』

相棒
スポンサーリンク

2017年2月22日放送の相棒season15第16話「ギフト」の感想記事です。

f:id:jim68:20170228182014j:plain

ゲスト:野間口徹 松尾諭
脚本:真野勝成
監督:内片輝

平均視聴率:15.7%

出典:相棒season15|テレビ朝日

感想

とても嫌な話、終始シリアスな内容。

吐き気がするくらい気持ち悪い事件でした。

最終的に殺人犯の北一幸(野間口徹)の動機が明かされ、ミステリアスな雰囲気になっていましたが、嫌悪感しかなかった。
右京さんの言うとおり、「誰も理解できない」ことだと思いたい。

殺人鬼・北一幸

f:id:jim68:20170303233426j:plain

北一幸は、相棒season14 第12話『陣川という名の犬』で取り上げられていたそうです。(僕は受験勉強中で観る余裕ありませんでした...)

6名の殺人と1名の死体損壊、犯人隠避の罪で拘留中ですが、警官の助けを得て入院先の病院から脱出し、再び殺人を犯していました。

自分の楽しみのために殺人を遂行していた前回と変わり、今回は「人のために殺人を犯す」というように目的が変わったようですが、全く理解ができないし、したくもないです。

特に最後の、塩崎刑事(橋本淳)をイジめていや人を拘束し、ナイフでグサグサと刺していたシーンは、思い出すだけで胃がひっくり返りそうになります。

神にはユーモアがある」なんて話していましたが、気持ち悪い。

警察の不祥事

f:id:jim68:20170304003827j:plain

フィリピン人の彼女にメールするために勤務場所から離れ、結果として北一幸の逃亡招いたのも警察官。

北一幸の逃亡を助け、自らの代わりに殺人を犯すことを頼んだのも警察官。

後者のような人は現実にはいないと信じたいですが、前者のような警官はいくらでもいそう。
実際、警察の不祥事なんて報道されるだけでもかなりの数がある。

警察だからといって絶対に正義だとは限らない」ことを強く認識した上で、いかにerrorを排除できるかが大事だと思います。

今回でいえば、2人での見張りにはerrorを予防する意味もあったはずなのに、片方が現場を離れたせいでそれが機能しませんでした。

警察を嫌う、桁外れの記憶力を持つ弁護士

f:id:jim68:20170304004842j:plain

今回のキーマンの1人でもある弁護士・連城建彦(松尾諭)。
「会話の98%を記憶する」という頭脳を持っているとのこと。

会話の中身を記憶し伝えることで、北一幸と有村みなみ(片山萌美・婚約者)の意思疎通を助けていました。

そして、警察/検察のことを嫌っていて、右京さんの質問を全て「守秘義務だから」という理由で突っぱねていました。

冠城は法務相時代から連城を知っていたようで、「性格の悪い人同士(右京さん連城)のファーストコンタクトを見たかった」そうです。

今後セカンドコンタクトもあったりするのかな?

まとめ

以上、相棒season15第16話『ギフト』の感想でした。

犯人が初めからわかっているストーリーは珍しいのかな?
個人的には新鮮でした。

ただ、内容は受け入れがたいものですけどね...

では。

相棒関連商品/グッズが発売中!

映画『相棒劇場版Ⅳ』オフィシャルガイドブック

最新映画のオフィシャルガイドブックです。
水谷豊さん、反町隆史さんに加えて、青木年男役の浅利陽介さんや月本幸子役の鈴木杏樹さんなどのインタビューも収録されていて、ボリュームたっぷりです。

また、シーズン14と15のストーリー解説もあるので、映画をまだ観ていない人でも楽しめます。

相棒season14文庫版

相棒season14の文庫本版です。上中下の3冊。
映像とは違った面白さが楽しめると思います。

相棒season14のDVD/ブルーレイ

相棒season14全20話が収録されているDVD/ブルーレイが発売中です。
相棒はネット動画サービスでは配信されていないので、過去の放送を見る手段はこれだけです!(たまに再放送してますが...)

特典として特別映像もついているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。